自分の自宅がサービス対象エリアの便利屋を探しておく

男性

捨てられない人は要注意

不用品

捨てられないのは心の問題

近年、空き家問題と共にゴミ屋敷の問題もテレビなどで大きくクローズアップされている問題の一つです。片付けられないことからゴミ屋敷につながることもありますが、一度ゴミ屋敷として認識されてしまった家には他からのゴミを呼び寄せている可能性もあります。こうなってしまうと、自分だけが片付けられないという問題ではなくなります。またゴミ屋敷が周囲にある自治体では、悪臭やゴミがたまること、美観的な観点からも頭の痛い問題です。空き家同様、その住人の所有権にかかわるこの問題は、勝手に処分することも許されず、そのため長期間にわたり大きな問題のままになりがちです。片付けられない人の多くは、精神的に不安定な場合があるため、気持ちの寄り添いも必要になります。

住民の気持ちに寄り添う

部屋の片付けは精神的な疾患と結びついている場合が多くあります。物を大量に集めることや、物に囲まれていることで安心感を得る人もいますし、うつ病などで片付けをする気がわかない、部屋をきれいにする必要がないなど、様々な感情を持っている場合もあります。ゴミ屋敷の片付けは、まず住人の気持ちに寄り添い、精神的なケアを行うことで解決する場合があります。ゴミ屋敷にはゴミが集まりやすく、また放火などの危険性もあります。夏場などは腐敗臭などもありますので放置してはならない問題です。自治体や國の行政代執行という方法もありますが、できれば住人と自治体の間で解決ができれば一番いいものです。ゴミ屋敷片付けを専門にしている業者もありますので、家族にゴミ屋敷住人がいて困っている人は業者に相談するのも一つの方法です。